新着情報

【台風の影響による延期】「教育かたらい~社会編~」は、10月21日(金)20:00~21:45に! ※語らい人は「秋田喜代美さん」「中原健聡さん」「永田佳之さん」です♪

本かたらいは、台風14号の影響・被害を鑑み、「10月21日(金)20:00~」に延期いたします。

この度の台風で被害を受けられました皆さまにお見舞い申し上げます。9月23日に予定しておりました「教育かたらい~社会編~」ですが、語り人の皆様とも相談し、延期を判断いたしました。理由は、台風の被害が大きかった地域からの参加申込が多かったことや、多くの方々にとって今度の連休が台風通過後の様々なケアに必要だと思われること等です。10月21日には皆さんと安心した中で語らえることと、語らい人の皆様も楽しみにしてくださっております。お楽しみに♪


社会をデザインするこの3人と語り合う「今、社会に求められる子ども支援・教育支援とは?」

「不登校」「教員不足」「ヤングケアラー」「諸格差」「第三の居場所」「特別支援」「学校多忙化」「キャリア教育」「SDGs」等々、本当にたくさんの教育/福祉課題が聞かれる現代社会において、私たちにはどのような子ども支援が求められているのでしょうか。

本かたらいでは、語らい人の皆さまに、「今、特に、社会に求められる子ども支援・教育支援」を挙げていただき、語り合います。

次の行動のきっかけが手に入る時間になりそうです♪

1.日 時: 2022年10月21日(金)20:00~21:45

2.場 所: オンライン(Zoom使用)

3.語らい人: 

秋田喜代美さん(学習院大学文学部 教授、東京大学 名誉教授)/特に保護者・子ども・地域全体が幸せになるまちづくりの視点から。

・中原健聡さん(認定NPO法人 Teach For Japan 代表理事)/特に学校/教員支援の視点から。

永田佳之さん(聖心女子大学現代教養学部教育学科 教授)/特にESD/SDGs/社会づくりの視点から。

4.ファシリテーター: 入江潤(当法人代表/元明星学園小学校 副校長)

5.対 象: 大人、学生

6.参加人数: 申込先着90名

7.参加費: 2000円/人 

   ※参加費がかかってしまい申し訳ありませんが、教育における知的財産の価値評価を高めていきたいと思っております。御理解いただけましたら幸いです。

8.申込方法: 次のURLより申込・購入ページ「Stores」にお進みください。 ⇒ https://educore.stores.jp/items/6313ebd0a323940584f6178e
   ※お申込みいただきました方には前日までにオンライン情報をお送りいたします。
   ※申込〆切:当日の朝7時。

▲ zoomURLについて▲
10月20日(木)の21時までに、参加用zoomURLが届かない場合は、ご購入時のメールアドレスの誤りがあるか、迷惑メールボックスに振り分けられている可能性があります。
お手数ですが、上記2点をご確認いただき、参加用zoomURLがお手元にない場合は「sustainable.educore@gmail.com(担当:加藤)」までご連絡ください。
なお、20日(木)21時以降にお申し込みいただいた方へのご連絡は、21日(金)17時の申し込み締め切り後に行わせていただきます。

MORE

2022/09/20 11:57

発表!地域で創るカラフルな社会教育「第一回 子どもエキスポ in 壱岐」実施方法

延期となっておりました「第一回子どもエキスポ in 壱岐」の今後の実施方法が発表されました。

次のWEBサイトで御確認いただけましたら幸いです。

https://sites.google.com/view/iki-kodomoexpo2022

MORE

2022/08/31 22:36

活動報告:「教育かたらい~学校教育編~」を終えて

コチラから ➪ 活動報告

MORE

2022/08/28 16:17

為末大さんからの推薦図書追加! 22人のインタビューゲストから「子どもと関わる全ての方々に一度は読んでほしい本」36冊

当法人のインタビューにご協力くださいました方々が「子どもと関わる全ての方々に一度は読んでほしい本」としてご推薦くださった本です。

以下、インタビュー順にご紹介させていただきます。


◆石井英真さん(京都大学大学院教育学研究科准教授)推薦

⇒ 石井英真『未来の学校:ポスト・コロナの公教育のリデザイン』(日本標準、2020)


◆剛力正和さん(明星学園小学校校長)推薦

⇒ 大田 堯『教育とは何か』(岩波新書、1990)

⇒ 山内基広『猫ちゃん体操の体幹コントロールでみんながうまくなる器械運動』(創文企画、2017)

⇒ 和田武久『理科の目で見る しぜんのふしぎ』(みくに出版、2015)


◆平田オリザさん(芸術文化観光専門職大学学長・劇作家・演出家)推薦

⇒ 東井義雄『村を育てる学力』(明治図書、1957)


◆赤木和重さん(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)推薦

⇒ 白石正久『発達の扉(上):子どもの発達の道すじ』(かもがわ出版、1994)

⇒ 白石正久『発達の扉(下):障害児の保育・教育・子育て』(かもがわ出版、1996)


◆汐見稔幸さん(東京大学名誉教授・白梅学園大学名誉学長)推薦

⇒ 汐見稔幸『本当は怖い小学一年生』(ポプラ新書、2013)

⇒ 汐見稔幸『教えから学びへ:教育にとって一番大切なこと』(河出新書、2021)


◆河邉貴子さん(聖心女子大学現代教養学部教育学科教授)推薦

⇒ 川田 学『保育的発達論のはじまり』(ひとなる書房、2019)

⇒ 河邉貴子『子どもごころ:幼児が生きている豊かな時間』(春秋社、2006)

⇒ 小西貴士『チキュウニウマレテキタ』(風鳴社、2020)


◆奈須正裕さん(上智大学総合人間科学部教育学科教授)推薦

⇒ 稲垣佳世子/波多野誼余夫『人はいかに学ぶか:日常的認知の世界』(中公新書 、1989)


◆松下佳代さん(京都大学高等教育研究開発推進センター教授)推薦

⇒ 松下佳代『ディープ・アクティブラーニング:大学授業を深化させるために』(編著、勁草書房、2015)

⇒ 松下佳代『対話型論証による学びのデザイン:学校で身につけてほしいたった一つのこと』(勁草書房、2021)


◆秋田喜代美さん(学習院大学文学部教授・東京大学名誉教授/同大学院教育学研究科客員教授)推薦

⇒ 大村はま『新編 教えるということ』(ちくま学芸文庫、1996)

⇒ 津守真・津守房江『出会いの保育学: この子と出会ったときから』(ななみ書房、2008)


◆市川伸一さん(東京大学名誉教授、帝京大学中学校・高等学校校長補佐)推薦

⇒ 市川伸一『学ぶ意欲とスキルを育てる:いま求められる学力向上策』(小学館、2004)


◆永田佳之さん(聖心女子大学現代教養学部教育学科教授)推薦

⇒ リチャード ダン (著)、 永田 佳之 (監訳・監修)『ハーモニーの教育:ポスト・コロナ時代における世界の新たな見方と学び方』(山川出版社、2020)


◆伊藤守さん(株式会社コーチ・エィ ファウンダー/取締役)推薦

⇒ 伊藤守『こころの対話 25のルール 』(講談社+α文庫、2000)

⇒ 伊藤守『この気もち伝えたい』 (ディスカバー、2002) ※動画版はこちら ➪ https://www.youtube.com/watch?v=xqH5ajvF2rA


◆中邑賢龍さん(東京大学先端科学技術研究センター教授)推薦

⇒ 中邑賢龍『どの子も違う:才能を伸ばす子育て 潰す子育て』(中公新書ラクレ、2021)


◆茂木健一郎さん(ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、屋久島おおぞら高等学校校長)推薦

⇒ 黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』(講談社、1881)


◆谷家衛さん(あすかホールディングス株式会社 取締役会長、UWC ISAK JAPAN発起人代表)推薦

⇒ ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』(新潮文庫、1959)


◆内田樹さん(凱風館館長、神戸女学院大学名誉教授)推薦

⇒ 内田樹『複雑化の教育論:越境する教育』(東洋館出版社、2022)


◆安藤寿康さん(慶應義塾大学文学部教授)推薦

⇒ 安藤寿康『なぜヒトは学ぶのか:教育を生物学的に考える』 (講談社現代新書、2018)


◆木村草太さん(東京都立大学法学部教授)推薦

⇒ 内藤朝雄『いじめの構造:なぜ人が怪物になるのか』(講談社現代新書、2009)

⇒ 木村草太『ほとんど憲法(上・下) 小学生からの憲法入門』(河出書房新社、2020)


◆松村暢隆さん(関西大学名誉教授)推薦

 ⇒ 奈須正裕『個別最適な学びと協働的な学び』(東洋館出版社、2021)

 ⇒ 松村暢隆『才能教育・2E教育概論:ギフテッドの発達多様性を活かす』(東信堂、2021)


◆酒井邦嘉さん(東京大学大学院総合文化研究科教授)推薦

 ⇒ 酒井邦嘉『言語の脳科学:脳はどのようにことばを生みだすか』(中公新書、2002)

 ⇒ 酒井邦嘉『チョムスキーと言語脳科学』( インターナショナル新書、2019)


◆バトラー後藤裕子さん(ペンシルバニア大学教育学大学院言語教育学部教授)推薦

⇒ バトラー後藤裕子『デジタルで変わる子どもたち:学習・言語能力の現在と未来』(ちくま新書、2021) 

⇒ 森田真生『数学する身体』(新潮社、2018)


◆為末大さん(Deportare Partners代表/元陸上選手)推薦

⇒ 佐々木正人『新版 アフォーダンス』(岩波科学ライブラリー、2015)

⇒ ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』( 中公文庫、2019)


※上記推薦図書および御所属名は、2022年7月現在のものです。

MORE

2022/08/01 10:16

活動報告:『茂木健一郎さんとしゃべり場:「人生で成功する」ってどういうこと?』

コチラから ➪ 活動報告

MORE

2022/06/27 17:58

インタビュー動画「教育のコアを探る旅(全11回)」情報はこちらからから!(動画視聴・一覧表入手)

インタビュー動画「教育のコアを探る旅」情報です。

・ご視聴は、メンバー登録(簡単・無料)後、こちらからご覧ください。 ➪ https://educore.page/m/videos/

・全11回の「一覧表」は、こちらからご覧ください。 ➪ https://drive.google.com/file/d/1GMK-8Y4buF1-0TfsQFQoTx4EniUbkmcs/view?usp=sharing

お知り合いの方も情報共有いただけましたら幸いです。

MORE

2022/06/10 3:56

★おかげさまで「設立一周年」★

本日、4月13日は、当法人の設立記念日です。

法務局から登記登録完了の電話をいただき、新たな一歩に大きな喜びと責任を感じたのは一年前。随分、遠い昔に感じます。

あれから一年、「教育と社会に『今』必要なことは何か?」を考え続け、先の見えない中、ひたすら自分たちを信じ行動し続けてきた毎日でした。

「壁が厚すぎて無理かも…」と心折れそうな時もありましたが、皆様からの御支援に強い勇気とエネルギーをいただき、無事に今日を迎えられております。

この場をお借りしまして、皆様に心より深謝申し上げます。

まだまだ活動実績も財政基盤も無い当法人ではありますが、これからも「大人のニコニコ♪」と「子どものワクワク♪」で溢れる社会を目指し、微力かもしれませんが、教育と社会に必要な隙間を一つずつ埋めていければと思っております。

当法人は、今後も「教育のコア」を捉えた魅力的な取り組みを進めていきます!

引き続き、御活用と御支援のほどどうかよろしくお願いいたします。

◆感謝:https://educore.page/gratitude

◆協力:https://educore.page/supports

季節の変わり目、皆さまもどうぞご自愛くださいませ。

文責:入江潤

MORE

2022/04/13 16:00

「学業成績の個人差は、遺伝の影響が50%」『なぜヒトは学ぶのか』著者で「教育学を生物学に」する安藤寿康さんへのインタビュー。必見です!

教育こそ、世の中の「叡智」を結集させてより良く創っていくもの。

「教育をデザインする~プロフェッショナルからの視点~」では、脳科学や経済学、政治学、哲学など、「子どもたちが生きていく社会」の様々な分野に精通する方々から教育で大切にしたい視点を伺っていきます。

本インタビューによって、学校教育・社会教育・家庭教育が多角的に見つめられ、その具体がより良く変容し、子どもたちの人生が更に拓かれていくことを願います。

お楽しみください。


第4回:「進化教育学/行動遺伝学」からのデザイン

◆ゲスト::安藤寿康さん(慶應義塾大学文学部教授) 

◆3つの視点:

 1.「ヒトは知識によって生きている/生かされている」

 2.「ヒトはそもそも教育する動物」

 3.「どんなに教えても素質がない子は伸びない」

視聴はこちら ➪ https://educore.page/m/videos/

※メンバー登録(無料・簡単)を経てご視聴ください。


今後のゲスト(予定)

・「憲法学」から:木村草太さん(東京都立大学法学部教授)

・「哲学者」から:内田樹さん(凱風館館長、神戸女学院大学名誉教授) ほか

MORE

2022/04/01 10:00